災害・事故発生時報告連絡体制図

災害・事故発生時報告連絡体制図

事故発生時の措置

①死傷者があるときは、ただちに応急救護措置をとる(119番)。

②事故車輌が後続事故を起こすおそれがある時は、現場の状況を確認したうえで、事故車輌を安全な場所に移動させる。

③警察に通報(110番)するとともに、運行管理者に連絡し、指示を受ける。

④事故の相手方を確認する(氏名・年齢、相手車のナンバー、連絡先等)

⑤目撃者を確認する(氏名、連絡先等)。

ページ上部へ